多くのシミの原因といわれる日焼けや紫外線について【シミ取りの化粧品を徹底比較!シミに効くコスメの口コミランキング】

サイトマップ

シミの原因(日焼け・紫外線)

シミの原因の多くは日焼け・紫外線によるものです。つまり、紫外線をいかにして防ぐということが、シミ取りやシミ予防の鍵になるといっても過言ではありません!
今あるシミを消し、さらにシミを作らせないためにも、まずは確実にシミの原因である紫外線を防ぐということを意識するように心がけましょう。

健康な皮膚は紫外線を浴びると、メラノサイトという細胞でメラニンという黒い色素を作り、周囲の組織に配ります。これは、紫外線から組織を守ろうとする身体の働きであり、メラニンは紫外線を防ぐフィルターの役目を行って、紫外線による細胞の遺伝子破壊を防いでいます。

メラニンを含む表皮細胞は通常、ターンオーバーというお肌の新陳代謝により、一定周期で新しく作られた細胞に押し上げられ、剥がれ落ちていく働きがあります。

しかし、紫外線の影響や皮膚の老化により、メラノサイトの性質が変わったり・増えたりといったことが原因で、メラニンが過剰につくられることにより、メラニンの生成と排出のバランスが崩れます。

さらに、年齢とともにターンオーバーの周期も長くなってきますので、すべてのメラニンがうまくはがれ落ちる事ができず、1ヶ所にメラニンが集中して塊ができシミとなって残るのです。

シミ消しやシミ抜き、シミ予防を考えている方は、まずお肌の新陳代謝であるターンオーバーをしっかりと機能させ、メラニンを過剰に増やしすぎないることが重要になります。

その為には紫外線を浴びない・日焼けをしないように心がける必要があるということになります。

ターンオーバーのメカニズム

基礎知識

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る