病院で出来るレーザー治療について【シミ取りの化粧品を徹底比較!美白やシミに効果がある口コミで人気の化粧品をランキング】

サイトマップ

シミを消すレーザー治療について

シミ取りや、シミを消す方法として、レーザー治療というものもあります。シミ取りの治療にはレーザーが有効とも言われており、皮膚科にシミの相談に行くと種類によってはシミを消すレーザー治療をすすめられることがあります。

皮膚科や病院でおこなっているシミ取りのレーザー治療は、肌のシミやくすみの原因になっているメラニン色素の黒い部分に反応して、シミを消すことができます。また、シミ取りだけでなく、毛穴を目立たなくしたりお肌のたるみを解消し、リフトアップしたりと様々な施術もあります。

ただ、レーザー治療は少し痛みを伴う方もいるようです。一般的には輪ゴムではじかれるような痛みだと言われていますが、人によっては痛くないと言う人もいたり、痛くてもう二度とやりたくないと言う人もいます。ですが、基本的にどんな人でも施術できます。

また、レーザー治療はシミの大きさで価格が決まってくるのですが、保険は使えないため、料金は決して安くはありません。シミを消すためのレーザー治療を検討している方は、まず病院や皮膚科など信頼できるところで、きちんとシミの種類などを診てもらって、自分で納得したうえでシミ取りのレーザー治療を受けることをおすすめします。

治療自体は、安全に施術することができますし、施術後に色素沈着やかさぶたができることもあるようですが、紫外線に当たらないように気をつければ、明るくシミのないきれいな肌が期待できると思います。また、メリットとして何ヶ月か使い続けなければならない美白美容液やクリームよりも短時間で効果が出ることです。大体3週間に一度の頻度の施術を受けるという仕組みです。

シミやくすみ、にきび痕が気になってコンプレックスになっていたり、深刻な悩みを抱えているのであれば、少々割高でも、レーザー治療を検討してみるのもいいかと思います。

基礎知識

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る