自宅でも出来るケミカルピーリング【シミ取りの化粧品を徹底比較!美白やシミに効果がある口コミで人気の化粧品をランキング】

サイトマップ

シミを取るケミカルピーリングについて

シミ取りや、シミを消す方法として関心を集めているものに、自宅でも可能なケミカルピーリングという方法があります。

シミを消すのに効果的なケミカルピーリングは欧米でも非常に人気があり、近年では日本にも上陸し、利用者を増やしてきています。

その方法は、古くなったままはがれ落ちずに肌の表皮に残ったままの角質を、ピーリング剤を塗ることで、取り除いてしまうのです。つまり、肌の角質を少しはがしてしまって、肌のターンオーバーを促進し、メラニンの排出を促すことで、シミを外に出してしまおうというやり方なのです。

また、シミ取りに効果的なだけでなく、毛穴を引き締めたり、汚れを取ったり、にきび痕や小じわの解消などにも役に立つと言われています。

実際に自宅でできるケミカルピーリングとして、石けんタイプのものや、ミルクやジェルを塗って洗い流すタイプのもの、塗りっぱなしにできる美容液タイプのものがあります。オススメは洗い流すタイプで、まずは週に1度くらいのペースで始めて見るといいと思います。

方法は、洗顔後の水気を拭き取った肌に乗せて時間をおいてから洗い流すのが一般的です。どれくらい肌に乗せるかはその製品の説明を読んでくださいね。もし肌が弱い方であれば、事前にパッチテストを行うことと、肌に乗せる時間を少し短くしてみるといいでしょう。その後は必ずしっかりと保湿をします。古い角質が落ちた肌は美容成分が浸透しやすい状態になっているので、シミ取りやシミを消すのに効果的な美白化粧品を使うと、より効果的です。

頻度は、週に1回~2回くらいで、初めて間もないころからシミ取り効果を実感できる方も多いと思います。ぜひ興味のある方は実践してみてください!

基礎知識

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る