シミの代表~老人性色素班について~【シミ取りの化粧品を徹底比較!美白やシミに効果がある口コミで人気の化粧品をランキング】

サイトマップ

シミの種類:老人性色素班の特徴

シミの種類:老人性色素班一般的に言われる最もポピュラーなシミ。いわゆる日焼けの積み重ねによってできるシミです。

主にほお骨の高い部分に1cm大くらいまでの薄い茶色の丸い色素斑ができ、次第に濃くなっていきます。何年も経つうちに大きくなったり、イボのように盛り上がっていく場合もあります。

40代以降にいちばん多く見られ、早い人では30代ごろからでき始めます。50歳頃になると、約8割の人に症状が出てくるので、紫外線だけでなく皮膚の老化が原因とも考えられています。

予防するには?

予防のためには、とにかく紫外線に当たらないようにすることが大切です!

しかし、老化による影響もあるので、紫外線対策だけで完全に防ぐことは難しいといえます。

ただ、紫外線対策をしっかりすることで、症状の悪化やシミが濃くなることを防ぐことはできますのでしっかりと紫外線を防いであげましょう。

ケアの方法

色が薄い色素斑は、美白化粧品や、ケミカルピーリングなどで消えることもあります。

色が濃くなり、輪郭がくっきりと見える状態になってしまった老人性色素斑は、美白化粧品やケミカルピーリングだけでは、薄くなっても完全に消すことはできません。

初期のものはシミ取り化粧品で薄くすることも消すこともできるので、まずは諦めずに顔のシミ取りを行いましょう。それでも消えない、気になる場合は、レーザー治療という方法もありますので、皮膚科医に相談すると良いでしょう。

また、できてしまったシミが今より濃くならないように、シミ消しの化粧品でケアするだけでなく、紫外線を防ぐUVをきちんと使ったり、シミ隠し用の部分ファンデーションやコンシーラーを上手に使っていきましょう。

老人性色素班にオススメのシミ取り化粧品

アンプルール

老人性色素班にオススメのシミ取り化粧品 アンプルール
評価:★★★★★
価格:1,890円
送料:送料無料
容量:お試しセット(約10日分)

老人性色素班のシミに効果のあるシミ取り化粧品はアンプルールです。
皮膚の専門ドクターである高瀬聡子先生が皮膚科学理論に基づいて開発している、美白化粧品のシリーズです。スキンケア成分の他にシミ取り効果が期待できる新安定型ハイドロキノンが配合されている為、気になるシミにも効果的にアプローチします。
美容家のIKKOさんや多くの芸能人に評判が高く、人気女性雑誌でも紹介されています。

アンプルールのオススメポイント
  1. シミ取りに効果の高い美白成分を配合
  2. 美容家・芸能人・TV・雑誌などからの圧倒的な支持
  3. 価格の割にとってもお得!

基礎知識

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る