頬骨やこめかみにできるシミ~肝斑について~【シミ取りの化粧品を徹底比較!美白やシミに効果がある口コミで人気の化粧品をランキング】

サイトマップ

シミの種類:肝斑の特徴

シミの種類:肝斑肝斑(かんぱん)はシミの一種ですが、一般的に認識されているシミとは少し異なります。

紫外線も無関係ではないのですが、女性ホルモンのバランスが乱れることによって出来るシミと言われています。

肝斑と一般的なシミの違いは、肝斑はほお骨や、目の周りを避けたこめかみ、額や口、首周辺にできて、比較的大きく、モヤモヤと左右対称にできるというところです。

女性ホルモンが乱れやすい、妊娠中やピル服用時、出産後、更年期などに発祥するケースが多いようです。

色は茶色、灰色などで、形状は点状ではなく、刷毛で塗ったように大きなシミになります。

肝斑が現れるのはおおよそ50代後半くらいまでで、それ以降の年齢で発祥するケースは少ないようです。ホルモンの乱れが影響していることもあり、肝斑がでていた人も閉経後は薄くなったり消えてしまうこともあるようです。

予防するには?

女性ホルモンが大きく関係していますので、できるだけストレスを溜めず睡眠をとるように心がけましょう。

紫外線に当たると悪化しますので、紫外線対策もしっかり行いましょう。

肌に合わない化粧品によるかぶれや炎症、洗顔や化粧水をつける際のパッティングによる摩擦なども肝斑の原因と言われますので、そこを見直してみるのもよいかもしれません。

ケアの方法

肝斑は通常のシミと異なり、レーザーを照射すると逆に濃くなってしまいますので、レーザー治療は避けましょう。

メラニンの生成を抑えるようなトラネキサム酸とビタミンCを配合した内服薬やサプリメントを飲んだり、ハイドロキノンを配合した化粧品、メラニンの排出を促進するトレチノインといった塗り薬を使いましょう。

妊娠時や出産後の授乳中の場合は、必ず医師に相談してから内服薬やサプリメントは試すようにしましょう。

肝斑にオススメのシミ取り化粧品

アンプルール

肝斑にオススメのシミ取り化粧品 アンプルール
評価:★★★★★
価格:1,890円
送料:送料無料
容量:お試しセット(約10日分)

肝斑が気になる方にオススメのシミ取り化粧品はアンプルールです。
美容家で有名のIKKOさんをはじめ、美魔女の山田佳子さんや数々の芸能人に愛用されているシミ取りコスメのシリーズです。皮膚科医の高瀬聡子先生によって開発された、美白効果やシミ取りに効く新安定型ハイドロキノンが配合されており、気になる肝斑にもしっかりと働きかけます。

アンプルールのオススメポイント
  1. シミ取りに効果の高い美白成分を配合
  2. 美容家・芸能人・TV・雑誌などからの圧倒的な支持
  3. 価格の割にとってもお得!

基礎知識

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る