背中や肩に出来る日焼け後のシミ~花弁状色素班~【シミ取りの化粧品を徹底比較!美白やシミに効果がある口コミで人気の化粧品をランキング】

サイトマップ

シミの種類:花弁状色素班の特徴

シミの種類:花弁状色素班花弁状色素班とは、海や山などで急に日焼けしたあとに、メラニン色素が過剰に増えて、肩から背中、二の腕などにできる花びら状の小さな茶色いシミのことです。

日焼けをしてから数年してからできることがあり、場所も背中などが多いため、気付かない間にできていることもあります。また、20~30代に多くできやすく、特に色が白く、日焼けをすると赤くなるタイプの人に多く見られるようです。

花弁状色素斑は、紫外線による日焼けからできるシミですが、できてしまった場合はしっかりとケアしましょう。

予防するには?

花弁状色素斑は、強い日焼けを繰り返すことにより発症するシミです。

紫外線の強い日や、紫外線の強い海や山などに行く際は、しっかりと紫外線対策をして肌をさらさないように注意してください。

また、ひどく紫外線にあたってしまった場合は、すぐに炎症を鎮めるローションや美白ローションで肌を沈静化させてあげましょう。

日焼けがひどく、痛みがある場合にはすぐに皮膚科で診てもらいましょう。

ケアの方法

もし花弁状色素斑ができてしまったら、皮膚はかなりのダメージを受けています。

これ以上、紫外線を受けないようにUVケアを必ずしましょう。また、シミ取り化粧品などですぐに症状が改善しないこともありますので、UVケアをしっかりしながら、長期的に続ける根気が必要です。

花弁状色素班にオススメのシミ取り化粧品

デルメッド

脂性肌におすすめのシミ取り化粧品口コミランキング デルメッド
評価:★★
価格:1,575円
送料:送料無料
容量:お試しセット(約2週間分)

花弁状色素班にオススメのシミ取り化粧品はデルメッドです。
デルメッドは、三省製薬のホワイトニング基礎化粧品です。50年もの研究開発から生まれた医薬部外品で、美白成分の「ピュールブラン」が日焼けで生成されるシミの原因のメラニンを抑制します。
肌本来の透明感を取り戻してくれるスキンケア化粧品で保湿成分もヒアルロン酸やコラーゲンが配合されています。

デルメッドのオススメポイント
  1. シミをつくらせない、製薬会社独自のメカニズム
  2. お肌を潤いで満たす保湿ケアも
  3. メラニンの原因である紫外線を防ぎ、美白するUV下地

基礎知識

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る