美貌を維持するためのシミ対策~40代編~【シミ取りの化粧品を徹底比較!美白やシミに効果がある口コミで人気の化粧品をランキング】

サイトマップ

40代のシミ対策

40代になると、長い時間をかけて蓄積された紫外線のダメージが、シミやシワとなって表面化してきます。また、40歳を過ぎるとターンオーバーの働きもさらに衰えてくるのでシミのもとであるメラニンが排出されにくくなり、顔のシミが目立つようになってきます。

同時に女性ホルモンのバランスが崩れることによってできる肝斑というシミがでやすいのも30代後半から40代です。

肝斑の特徴は、ほお骨のあたりにモヤモヤと左右対称にできることが多く、色は茶色・灰色などです。点状でなく、刷毛で塗ったように大きなシミになります。額や鼻の下にできることもあります。

これらのシミを放置しておくのはとても危険です。

40代以上のシミ取り化粧品は、シミ予防の化粧品を選ぶよりもシミを消すことができる化粧品を選ぶことが重要です。

まずは、すでに表面化してしまったシミと肝斑の両方にに対して効果がある成分ハイドロキノンを配合したアンプルールビーグレンを選ぶようにしましょう。

さらにメラニンを活性化させたり蓄積させないように、日々のUV対策も忘れずにしっかり行いましょう。

鏡を見てシミがはっきりと目に見える状態であればアンプルールぼんやりとくすんでいる状態であればビーグレンがオススメです。

肝斑が気になる方や、お肌の衰えを感じる方、お肌が敏感な方にはHANAオーガニックがオススメです。

植物の生殖機能である花から抽出された精油の香り分子には、女性ホルモンと似たような働きをするものが多く含まれているので女性ホルモンのバランスを整え、お肌の生まれ変わりを助けてくれます。肌に刺激の強い成分を使用しないオーガニック化粧品なのでお肌が敏感な方でも安心です。

しみに悩む40代女性の肌図

40代におすすめのシミ取り化粧品口コミランキング

アンプルール

敏感肌におすすめのシミ取り化粧品口コミランキング アンプルール
評価:★★★★★
価格:1,890円
送料:送料無料
容量:お試しセット(約10日分)

40代には、出来てしまったシミを消す効果の高いアンプルールがオススメです。その効果の高さから、美容家のIKKOさんにも絶賛されて多くの芸能人にも愛用されている美白の化粧品シリーズです。
皮膚の専門ドクターが皮膚科学理論に基づいて開発している、スキンケア化粧品でシミ取りの効果が期待できる成分の新安定型ハイドロキノンが配合されているので、気になるシミにも素早くアプローチします。

アンプルールのオススメポイント
  1. シミ取りに効果の高い美白成分を配合
  2. 美容家・芸能人・TV・雑誌などからの圧倒的な支持
  3. 価格の割にとってもお得!

HANAオーガニック

敏感肌におすすめのシミ取り化粧品口コミランキング HANAオーガニック
評価:★★★★★
価格:3,990円
送料:送料無料
容量:30ml(1ヵ月分)

肝斑が気になる方や、お肌の衰えを感じる方、お肌が敏感な方にはHANAオーガニックがオススメです。
オーガニックローズが、睡眠中の肌の肌再生力を高めてくれます。
女性ホルモンと似たような働きをするものが多く含まれているので女性ホルモンのバランスを整え、お肌の生まれ変わりを助け、明るく透明感のある肌へと導いてくれます。

HANAオーガニックのオススメポイント
  1. 国際基準で作られた国内産オーガニック化粧品
  2. オーガニックローズが気になるシミに働きかける
  3. 夜に働きかける6つの花精油

ビーグレン

脂性肌におすすめのアンチエイジング化粧品 ビーグレン
評価:★★★★
価格:1,890円
送料:送料無料
容量:お試しセット(10日分)

ぼんやりとくすんだシミにお悩みの方には、ビーグレンがオススメです。
医療レベルのサイエンステクノロジーを使って、美白効果の高い成分を肌の奥までしっかり浸透させることが出来るコスメブランドで、出来てしまったシミや気になる肝斑にも効果的です。
シミ取り成分として名高い漂白型のハイドロキノンという成分は水溶性の為、通常の化粧品では肌に浸透しないのですが、ビーグレンの浸透技術でしっかりとシミにアプローチします!

ビーグレンのオススメポイント
  1. 美白成分ハイドロキノンを限界まで配合
  2. メラニン発生の原因である活性酸素を除去
  3. 医療レベルの浸透技術

年代別の対策方法、比較・ランキング

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る