紫外線ケアとして古くから親しまれたコウジ酸の効果【シミ取りの化粧品を徹底比較!美白やシミに効果がある口コミで人気の化粧品をランキング】

サイトマップ

コウジ酸について

コウジ酸とは、麹から発見されたコウジ菌由来の美白成分です。 麹を作っている酒蔵で働く人の手が白くツヤツヤしていることから研究され開発されました。

コウジ酸は、メラニンのメラノサイトに作用し、チロシナーゼ酵素の活性や合成を阻害し、メラニン色素の生成を抑制する働きをし、すでに出来たシミ(メラニン色素)を薄くしたり、紫外線を浴びた時にメラニンを作らせないように抑制したりします。

コウジ酸の美白効果は、ハイドロキノンのように即効性はありませんが、ゆっくりと確実に肌を白くしてくれます。

ハイドロキノンより低刺激で副作用がほとんどないので、お肌が弱い方や安心して使用したい方にオススメの美白成分です。

日本では美白化粧品(医薬部外品)の有効成分として使用されていましたが、動物実験で肝ガンを引き起こす可能性があるとされて一時的に使用中止になりました。

その後、化粧品メーカー側がコウジ酸の安全性を確認する追加試験を実施し2005年に厚生労働省も安全性を認めて、コウジ酸配合の化粧品の製造販売が再開されました。

これに伴い前述の使用中止の通知が撤回されたと同時に、厚生労働省から薬用美白成分として認可され製造販売の再開が認められました。

コウジ酸配合のシミ取りに効く化粧品

ビーグレン

脂性肌におすすめのアンチエイジング化粧品 ビーグレン
評価:★★★★
価格:1,890円
送料:送料無料
容量:お試しセット(10日分)

コウジ酸が配合されたシミ取りに効く化粧品はビーグレンです。
ビーグレンは、ブライアン・ケラー博士の開発した浸透効果の高いサイエンステクノロジーで、コウジ酸などの美白成分が肌の奥まで行き届き、シミやそばかす、くすみに働きかけるスキンケアブランドです。
シミ取りに効果の高いハイドロキノンや美白成分のコウジ酸が配合されていることで出来てしまったシミを薄くするのに効果的です。

ビーグレンのオススメポイント
  1. 美白成分ハイドロキノンを限界まで配合
  2. メラニン発生の原因である活性酸素を除去
  3. 医療レベルの浸透技術

効果のある美容成分

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る