美白の体験記・年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん【シミ取りの化粧品を徹底比較!美白やシミに効果がある口コミで人気の化粧品をランキング】

サイトマップ

私の美白の悩み:30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん

私は20歳頃までは色が白く、ゆで卵のようなツルツルお肌でした。知り合いにも美白肌だと褒められることが多く、それほど肌に対する悩みをもってはいませんでした。

年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさんしかし30歳で出産し、子育ての合間に鏡で自分の顔を見てみると、目の周りや頬を中心にソバカスのような茶色のシミができ始め、次第にそれは体にも広がり、二の腕や背中にも出てきました。また、疲れが溜まると目の下を中心に顔が黒ずんだ感じになるのも気になり始めました。やはり30歳という年齢と、出産が重なり、美白や美肌が自慢だった私のお肌も曲がり角時期に入ってしまったようです。

ホルモンのバランスの関係で出産後にシミが増える方も多いと言うのは聞いてはいましたが、まさか自分がなってしまうとは思ってもいませんでしたので、大変ショックでした。シミが出来てしまってからは自然と、ファンデーションで隠すようになり、化粧が厚くなってしまいました。そのせいか、周りの人には老けたという印象を与えてしまうようになりました。

私の美白の失敗談:若さ故の対策不足

出産前までは何も肌の対策をしなくても、自慢できるくらいに綺麗だったので、これと言ってお手入れをしたことはありませんでした。夏も日焼けクリームもそこまで神経質に塗ることもなく、化粧品も何もこだわりがありませんでした。30歳になって、そのツケが一気にまわってきたのだと後悔してもしきれませんでした。

その時に悩んでいなくても、将来の自分の肌の為のケアを怠ってはならなかったのですが、気づいた時には遅かったです。今までケアを怠ってきたので、どんなケアが効果的なのか全く分からずに路頭に迷っていたところ、美白にはピーリングが効果的というのを友人に聞いて、私も試してみることにしました。インターネットで見てみると、沢山の商品がありました。口コミを参考にすると、ピーリングジェルがおすすめとのことでしたので、早速購入して試してみました。

すると次の日、顔に酷い痒みが出てしまい、真っ赤になってしまいました。皮膚科に行くと、生理前後は肌がデリケートな状態なので、避けたことがよいとのことでした。説明を読んでから使用するべきでした。

私の美白・シミ対策:細かな日々のケアの積み重ね

失敗を重ねて、今の私が行なっているケアは外出時の紫外線対策として、肌の出ている部分には日焼けクリームを塗り、首が一番、日焼けしやすい部分ですので、常にスカーフを巻いています。その他には、食事にも気を付けるようにしました。

私の美白・シミ対策:細かな日々のケアの積み重ね食生活は肌に大きな影響を与えます。肌の老化を抑えるためには毎日の食事がとても重要ですので、バランスよく野菜中心の食事を心がけています。そこから摂取することのできない栄養素をサプリメントから補うようにし、内面からも綺麗にする努力をしています。また、シミもそうですが、多くの肌トラブルの原因は肌の老化からくるものが多いので、肌を老化させないために保湿中心のケアをしています。

化粧品類は香りが強い商品は避け、天然成分に近い物を使用しています。普段のお手入れは洗顔をぬるま湯で行い、化粧品をつけ保湿成分の高い乳液をつけ、美白効果の高い美容クリームでマッサージをしながらなじませています。これらのケアをし始めてから、もとの美白を取り戻し始めました。日々のケアがいかに大切かを痛感しています。

Cさんにオススメの美白・シミ取り化粧品

HANAオーガニック

Cさんにオススメの美白・シミ取り化粧品口コミランキング HANAオーガニック
評価:★★★★★
価格:3,990円
送料:送料無料
容量:30ml(1ヵ月分)

Cさんのように年齢と共に表れる肌悩みにおすすめの美白・シミ取り化粧品は、HANAオーガニックです。
1本の美容液に対してオーガニックローズの花びらが約1000枚分濃縮されているといわれているHANAオーガニック。
ローズポリフェノールが肌再生力を高めることで寝てる間にシミに働きかけて、くすみのない明るい素肌へ導きます。

HANAオーガニックのオススメポイント
  1. 国際基準で作られた国内産オーガニック化粧品
  2. オーガニックローズが気になるシミに働きかける
  3. 夜に働きかける6つの花精油

美白の体験記

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る