美白の体験記・シミ・ソバカスに悩むEさん【シミ取りの化粧品を徹底比較!美白やシミに効果がある口コミで人気の化粧品をランキング】

サイトマップ

私の美白の悩み:20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん

私の肌はデリケートなほうでしたが、20歳ぐらいまでは特に熱心に肌の手入れはしませんでした。ごく普通に化粧水や乳液を塗り、ファンデーションなどを使い化粧をして日々の生活を楽しんでいたのです。

シミ・ソバカスに悩むEさんしかし会社の研修旅行に出かけた時に、皆で写真を撮った時のことです。この時は温泉に入った後であり、女子は皆すっぴんで驚くほど素肌がきれいだったのです。そして問題の私の顔は、自分でも絶句するくらいの映り具合でした。この時の私のすっぴんの顔は、うっすらと黒く細かい点々でいっぱいだったのです。私の肌は白かったのですがシミだかソバカスだかわからない点々は、余計に目立って見えたのです。

もうこの時は私、本当に落ち込んでしまい、悩みました。それまでの私は、別に特別なことをしなくても大丈夫という変な自信があったのです。でもそんな根拠のない自信はガラガラと音を立てて崩れていき、私が本当に自分に合ったお肌のお手入れを探していく長い道のりの幕開けでもあったのです。

私の美白の失敗談:良かれと思ってやっていた間違った洗顔方法

私は本当の美白を手に入れるべくあちこちで情報を入手し、まず普段の洗顔に注目しました。目指したのはきちんと洗うことですが私はここを勘違いしてしまい、ごしごしと肌を擦るように洗ってしまったのです。すると細かい点々は消えるどころか、逆に大きいシミが頬骨の上の辺りにうっすらと出てきたのです。肌は擦らずそっと洗うことが大事と、この時は泣くほど身に沁みました。

また紫外線から肌を守ることが重要ということも知り、なるべく強くて紫外線予防に効果がありそうなクリームを使用した時は、本当に腰を抜かしそうになりました。鏡を見た時の私の顔が真っ赤に腫れ上がっていたのです。この時は特に目の部分がひどい状態で、怪談話に出てくるような顔になってしまいました。

落ち込みましたが私はこの時20歳そこそこの乙女です。そのまま家に引きこもって諦めているわけにはいかず、すぐに皮膚科へいき治療を受けましたがしばらく治りませんでした。ひどい顔の時は気持ちも憂鬱でしたが、だんだん良くなるにつれ私は明るくなっていったのです。

私の美白・シミ対策:食生活の見直しで体の中から変えること

肌のトラブルを経験して用心深くなった私は、化粧品には敏感肌用のものを使用するようになりました。それでも体調により肌が荒れてきたりするので、さらに食べ物にも注意するようにしました。お菓子はなるべく控えて食事をきちんとするようにしたのです。

私の美白・シミ対策:食生活の見直しで体の中から変えること私の場合は動物性の脂肪にすぐ反応することがわかったので、それを取りすぎないようにし野菜をたくさん食べるようにしました。それも生野菜ではなく、電子レンジで加熱したり茹でたりする温野菜にしたのです。それは体の中でも胃腸を冷やさない私なりの工夫でしたが、これは肌の調子をすごく整えてくれました。

するとしょっちゅう皮膚科にお世話になっていた私が、皮膚科にお世話にならずとも済むようになったのです。紫外線対策も強い日焼け止めを一つ使うのではなく、弱い日焼け止め効果のある化粧下地を使い、その上に日焼け止め効果のあるファンデーションを重ねたところ効果があることがわかりました。さらに日差しが強い場合はサングラスや帽子などで肌を守りますが、それでも十分美白効果が期待できます。

Eさんにオススメの美白・シミ取り化粧品

ビーグレン

Eさんにおすすめの美白・シミ取り化粧品 ビーグレン
評価:★★★★
価格:1,890円
送料:送料無料
容量:お試しセット(10日分)

Eさんのように20代の敏感肌に悩む方におすすめの美白・シミ取り化粧品はビーグレンです。
ビーグレンは、医療でも使われる浸透技術を使って、美白成分のシムホワイト377やビタミンC、そしてハイドロキノンを短期間で肌の奥まで浸透させることでシミ取りの効果を実感できる美白コスメのブランドです。
年々濃くなってしまったシミにも美白成分がしっかりアプローチするのでシミを薄くしながらスキンケアが出来るシミ取り化粧品です。

ビーグレンのオススメポイント
  1. 美白成分ハイドロキノンを限界まで配合
  2. メラニン発生の原因である活性酸素を除去
  3. 医療レベルの浸透技術

美白の体験記

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る