美白の体験記・20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん【シミ取りの化粧品を徹底比較!美白やシミに効果がある口コミで人気の化粧品をランキング】

サイトマップ

私の美白の悩み:20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん

私が、肌に悩みを持つようになったのは18才の思春期の時期が始まりでした。その頃の私の顔は、極度の乾燥肌で、頬は常にカサカサしていましたし、デリケートなまぶたの部分は赤くなっていて、常に悩んでいました。

肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん当時は、ケア用品に興味を持っていなかったので、親の化粧水だけを何気なく使っていたのですが、肌は、どんどんと水分不足状態に陥っていました。当時の私は乾燥肌についてまったく無知だったので、美容本などで調べ、皮膚の一番外側の角質層の保水力が低下していることが原因だということを初めて知りました。さらに、乾燥だけではなく、敏感な肌質をしていたために、顔は肌荒れを起こし、ニキビやさらにはシミなども表面にあらわれていて、鏡を見ることも嫌で仕方がなかったほどです。

乾燥と敏感肌により、化粧品の成分に対しても肌荒れに繋がってしまい、悪循環なサイクルを繰り返していて、前髪で顔を隠したり、マスクを付けたりしながら、どうにかしたいと毎日悩んでいました。

私の美白の失敗談:テレビの情報の早とちりによる失敗

私は当時、夏の日差しが照りつける時期にもUVケアを行っておらず、まだ若いから大丈夫だと安易な考え方を持っていました。乾燥と敏感肌の私の肌は、紫外線による反応が人より大きくなっていて、通常以上にメラノサイトが多く分泌されてしまい、シミの進行が早くなり、顔にはまだ10代であるにも関わらず、シミができてしまっていました。

そんな時に、テレビを見ていて、レモンパックにシミ予防効果があることを知り、さっそく試してみることにしました。レモンにはビタミンCが豊富で、活性酸素を抑えてくれると聞いていたのですが、本当は身体に中に吸収されてこそビタミンCは活用されることを後で知りました。さらにレモンの皮には紫外線の感受性を高めるソラレンが含まれていて、ソラレンが顔に残った状態で紫外線を浴びると、通常よりも吸収しやすくなり、シミの原因になることを知りました。

私はレモンパック後、洗い流さずに紫外線を浴びてしまっていて、さらなるシミを作ってしまい美白対策に失敗してしまいました。

私の美白・シミ対策:肌にあった化粧品でケア

そんな時に、美容室で働く肌艶の良い女性に教えてもらったのが、乾燥・敏感肌の人でも美白成分がしっかり浸透するスキンケア商品でした。これまでにも様々なスキンケア商品を試して効果を実感できずにいたのですが、今も愛用しているこのスキンケア商品は、外部刺激から肌を守るバリアと保湿を同時に行うアプローチ技術に優れていて、シミを解消するための乱れたターンオーバーを取り戻すサポートを行ってくれます。

肌にあった化粧品でケアケア商品には、ローションとクリーム、ミルクが揃っていて、炎症を抑えて美白成分が浸透しやすい肌づくりを行ってくれ、黒化された肌を白に巻き戻してくれます。私が気にいっているのがミルクで、紫外線カット率が高く、化粧下地としても使用することができ、毎日のUV対策に愛用しています。

さらに、ローションやクリームの保湿性の高さから、潤いも長時間続き、肌が毎月少しずつ白く透きとおっているのが実感できています。さらに数ヶ月に一度は、ピーリングパックを施していて、今ではシミも気にならないまでに肌回復しています。

Gさんにオススメの美白・シミ取り化粧品

POLAホワイティシモ

Gさんにオススメの美白・シミ取り化粧品 POLAホワイティシモ
評価:★★★
価格:3,150円
送料:420円 合計金額が5,250円(税込)以上で送料無料
容量:お試しセット(約2週間分)

Gさんのように20代の敏感・乾燥肌の方にオススメのシミ取り化粧品はPOLAホワイティシモです。
美容雑誌の美白特集では必ずと言っていいほど掲載されてランクインしているPOLAホワイティシモ。
シミの原因である酵素チラシナーゼを防ぐ「ルシノール」を独自開発。全品医薬部外品で、角層美白&メラニン美白のダブルケアがコスメマニアから絶大な信頼を得ています。

POLAホワイティシモのオススメポイント
  1. 角層美白で「ぱっと白」。
  2. メラニン美白で「ずっと白」。
  3. 忙しい朝でも簡単ステップ!

美白の体験記

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る