美白の体験記・20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん【シミ取りの化粧品を徹底比較!美白やシミに効果がある口コミで人気の化粧品をランキング】

サイトマップ

私の美白の悩み:20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

高校生の頃から、太陽に当たるとすぐに日焼けしてしまい、真っ黒になったり、真っ赤になって痛みを感じたりしていました。美白のために肌を露出しないようにしたり、日焼け止めを使用していましたが、夏場は汗をかくと日焼け止めが落ちてしまうため、塗り直す暇がないときなどは、焼けて肌が黒くなってしまっていました。

日焼けによる肌荒れに悩むHさんまた、日焼け止めを塗ることが刺激になってニキビなども多く、朝起きたときや帰宅した後、寝る前や風呂に入ったときなど、洗顔をしっかりしていても治らないため、困っていました。最初に使っていた日焼け止めに含まれる成分によって肌が荒れてしまったため、様々な種類のものを試してみて、なるべく刺激が少ないものを探しました。

それでも体調によっては合わないことがあり、肌荒れやニキビが治らず、海などのアウトドアに出かけたときは、帰ってから肌が真っ赤に腫れて熱を持っている上に、肌が荒れて痛い、痛みが治まってもニキビが残っていました。

私の美白の失敗談:肌ケアもやり過ぎにはご用心

日焼けによって黒くなるのは長時間の外出を避けたり、帽子や長袖の服を着用して露出を控えたりすることによって防げるので、美白より深刻な悩みとなっていた肌荒れとニキビを治すことを重点的に考えていました。低刺激性の洗顔クリームを買って肌を清潔に保ち、ローションパックをしたり、美容液や化粧水、乳液を使用することで保湿などの手入れをしっかりと行っているつもりでした。

ですが、過度の洗顔は日焼けや汗で弱っている肌を痛めつけるだけということを知りました。ニキビが治らないのも、清潔にしすぎたために表皮常在菌に対する抵抗力が弱まっているせいだと教わり、今まで自分がしていた対策が間違っていることを学びました。こするように洗っていた方法も、肌荒れを悪化させるだけだったとわかったときはショックでした。

スキンケア用品に含まれている成分は、年齢や肌質に合ったものを選ばなければ、不必要な成分が刺激となり、荒れる原因になります。

私の美白・シミ対策:専門家に聞いた私の肌にぴったりな化粧品

現在は、きちんと専門家に悩みを相談して自分に合うものを選んでもらっています。肌に合った日焼け止めを使用するのはもちろん、焼けてしまったときは美白用の化粧水や乳液を使用して、念入りにケアすることでシミを防ぎ、熱を持った部分にローションパックをすることによって比較的早く、調子を整えることができます。

専門家に聞いた私の肌にぴったりな化粧品帰宅した後やスポーツの後など、汗をかいた肌を清潔にしたいときは、洗顔料を使用しないで顔を洗って肌への負担と刺激を少なくし、軽く化粧水を塗るだけで終わらせることにより、肌荒れを防ぐことができるようになりました。スキンケアなどの外側からの美白だけではなく、なるべく規則正しい生活をして、食べ物にはビタミンを多く含む緑黄色野菜を選んで食べることで、内側からも美白できるように気を付けています。

これから表面化するシミを防ぐために、日頃からハーブティーや豆乳を飲むようにして、これからも美しい肌を保てるよう、努力しています。

Gさんにオススメの美白・シミ取り化粧品

デルメッド

Gさんにオススメの美白・シミ取り化粧品口コミランキング デルメッド
評価:★★
価格:1,575円
送料:送料無料
容量:お試しセット(約2週間分)

Hさんのように20代の日焼けによるシミに悩んでいる方にオススメのシミ取り化粧品はデルメッドです。
デルメッドは、三省製薬のホワイトニング基礎化粧品です。50年もの研究開発から生まれた医薬部外品で、美白成分の「ピュールブラン」が日焼けで生成されるシミの原因のメラニンを抑制します。
肌本来の透明感を取り戻してくれるスキンケア化粧品で保湿成分もヒアルロン酸やコラーゲンが配合されています。

デルメッドのオススメポイント
  1. シミをつくらせない、製薬会社独自のメカニズム
  2. お肌を潤いで満たす保湿ケアも
  3. メラニンの原因である紫外線を防ぎ、美白するUV下地

美白の体験記

化粧品一覧
HANAオーガニック
アンプルール
ビーグレン
デルメッド
POLAホワイティシモ
ライスフォース
オラクル
エニシングホワイト
肌タイプ別の対策方法、
比較・ランキング
敏感肌
乾燥肌
脂性肌
年代別の対策方法、
比較・ランキング
20代のしみ対策
30代のしみ対策
40代のしみ対策
基礎知識
しみとは?
しみの原因(日焼け・紫外線)
しみの原因(生活習慣)
しみが出来やすい部位(顔・手・背中・腕)
しみの種類:老人性色素班
しみの種類:肝斑
しみの種類:炎症性色素沈着
しみの種類:脂漏性角化症
しみの種類:雀卵班(そばかす)
しみの種類:花弁状色素班
ターンオーバーの乱れによるしみ
しみを消すレーザー治療
しみを取るケミカルピーリング
効果のある美容成分
ルシノール
アルブチン
コウジ酸
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ローズ
キューカンバエキス(キュウリ果実エキス)
美白の体験記
40代/標準肌/日焼けによるシミに悩むAさん
30代/乾燥肌/30過ぎの急な肌の老化に悩むBさん
30代/標準肌/年齢とともに増えるそばかすにお悩みのCさん
30代/標準肌/若い頃のケア不足からの肌の黒ずみに悩むDさん
20代/敏感肌/シミ・ソバカスに悩むEさん
40代/敏感肌/年齢とともに一気に肌トラブルがでてきた専業主婦Fさん
20代/乾燥・敏感肌/肌が弱く合う化粧品が少ないことに悩むGさん
20代/敏感肌/日焼けによる肌荒れに悩むHさん

▲ページトップへ戻る